スケボーアイテム

スケボートラックのオススメの選び方とは?重さやHi・Loの違いまで解説

スケーター
スケーター

自分にはどのスケボートラックが合っているんだろう‥

こんにちはフリップです。

スケボートラックはギアの中でも一番交換した際に変化を感じるパーツ

TRUCKブランドによって滑りの感覚が変わり、グラインド、カービング、フラットトリックなど大きく影響を及ぼします。

今回の記事では私自身が今まで何度も購入した定番有名ブランドのトラックの感覚の違いや選び方、どんなスタイルの方ににオススメなのかまで解説していきます!

この記事を書くのは

スケボートラックの選び方

なにを基準でトラックを選ぶのか?初心者の方やまだ経験年数が少ない方はよくわからないと思います。

ただ乗り心地や弾きの感覚が全く違うのは、少し経験がある方なら乗り比べればよくわかるはず。

でもお金がかかるので乗り比べはできませんよね‥解決方法としては周りの友達のデッキに乗せてもらったり、自分の好きなスケーターが何を使っているのかを調べたりするのが良いと思います。

この記事でも有名で人気の4ブランドを例にトラックの違いを後ほどお伝えさせて頂きます。ぜひ今回の記事も参考にしてください。

スケボートラックのサイズ

スケボートラックにはサイズがあり、これは使うデッキサイズによって購入時に選びます。

デッキサイズの選び方が知りたい方はコチラの記事を参考に↓

他にも注目したいトラックのサイズの感覚の違いとして「重量」と「グラインド」感覚の違いがあります。

スケボートラックの違い?

重量の違い

回し系を良くするストリート系のサイズ感は小さめ、ランプやバーチカルなどの安定感やスピードを重視する場合は大きめのトラック。この辺りはデッキの選び方に左右されます。

グラインドの感覚の違い

ランプのコーピングでのグラインド、ボックス・レールでのグラインドの違いはトラックサイズに大きく左右されます。

どちらがやりやすいかは大きめの方がやりやすいのですがその分重量があるため、高さが出せなくなってしまいます。

この辺りは経験を積んで学んでいきましょう!

トラックのLO、HIとターン性能

トラックのハイ、ローの高さの違いはブランドによってないものもあります。

トラックの高さの違いを購入の際に選べる時は「どちらが自分にあっているのか?」で決めていきましょう!

それぞれの違いを簡単に解説していきます。

HI 高さのあるトラック

車高が高いので、まず大きな口径のウィールを取り付ける事ができます。(目安として55~56mmくらいまで)Loトラックでは「ウィールバイト」と言われるデッキとウィールがこすれる減少が起きやすく、ターンなどの際に原則の原因に…

Hiのトラックの可動域が広く、よりクイックにターンする事が出来ます。その点はパークやランプなどターンを軸にする滑りに適しているとも言えます。

オーリーなどのトリック時、テールを弾く感覚がLoトラックよりわずかにですが遅れます。

LO 低めのトラック

車高が低いので、~53mmくらいまでのウィールが装着出来ます。それ以上のサイズ感のウィールだとターンの時にウィールバイトの恐れが。

トラックの可動域が狭く、ターン性能が若干落ちます。ロートラックは安定感があるので主にストリート系のスケーターに好まれています。オーリーなどのトリック時、テールを弾く感覚がHiトラックより早まります。

オススメのスケボートラック

それでは有名3大ブランド+1新米ブランドを見ていきましょう!どれも私自身が使用経験があるトラックです。

VENTURE(ベンチャー トラック)


ベンチャーは最も人気のあるトラックブランドで、初心者の方から上級者まで、おそらくもっとも多く使われています。Venture Lowはスケボー初心者に最初に買われることが最も多く、使い心地や安定感も問題なくおすすめです。

Independent / Indy (インデペンデントトラック)


このブランドからは幅の非常に広いトラックも販売されており、アールやプール系のスケーターに人気があります。もちろんオールラウンド・トリック用にも使えるので、おすすめです。筆者が今使用しているのはインディートラック!クセがなく飽きません。

THUNDER TRUCK (サンダートラック)

4ブランドの中で最も軽量なことで知られます。また車高が低く、HIでも他のトラックのLOくらいの高さが特徴です。車高が低いのですが、しっかりと可動域がありオールラウンドなスタイルに対応します。人気なのはストリート系のスケーター回しやすく、高さのあるトリックをメイクしやすいのがいいですね!

ACE TRUCK (エーストラック)

4ブランドの中でINDEPENDENT TRUCKと並び可動域が広く、ターン性能に秀でています。個人的にはターン性能はインディーよりも上と考えています。2007年に立ち上がった新米のトラックブランドですが、高いターン性能とテールを蹴った際の軽さに定評があります。そして何と言っても美しいフォルムにも注目したいところ。日本でもユーザーが多く上記の3大有名トラックに次ぐ人気となっています。クイックでスタイリッシュなトリックを可能とします。

最後にトラックの重さをそんなに気にするべき?※補足

スケートボードでの「重量」はパフォーマンスを左右します。軽いほど、少ない力で操れる事が出来るのです。

しかしトラックの重さを重視するスケーターもいます。操りにくくなる…壊れやすい気がする…などが理由です。ここは好みの問題なので長く続けながらトラック交換して経験してチョイスしていくしかありません。

時代とともに各ブランドメーカーの軽量化が進んでいるのは確か。しかし筆者は重めのほうが好みです。結局どちらが良いのかは自分次第。

自分にあったベストな重量のトラックを見つけましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました