フラットトリックスケボートリック

【How To B/S or F/S 180 HeelFlip】180ヒールフリップのハウツー・練習方法

スケボーを始めてからこのトリック【180ヒールフリップ】をするまでには大体の技ができていると思います。

このトリックはできると周りの目を惹きカッコいいトリックの一つ。

難易度の高いトリックほど一度しっかり頭で理解する事がとても大切です。

バックサイド・フロントサイド同時に解説していきます!

この記事を書くのは

お得に購入できるスケボーアイテムをご紹介しています。あわせてお読みください★

目次からバックサイド・フロントサイド学びたい方をチェック!↓

このトリックの難易度

7.0

【How To B/S 180 HeelFlip】

最初にバックサイド側から見ていきましょう!

このトリックを覚える前に

ヒールフリップ

B/S180

トリックのスタンス

ヒールリップとは若干スタンスが異なります。

F/S180 HeelFlip練習・習得方法

習得方法

■このトリックも例外なく止まった状態から練習を開始。最低限ヒールフリップはできるとします。

■止まった状態で90°まで板を回せる+ヒールができるレベルまで来たら、少しプッシュを入れて走りながらチャレンジ。

■正しいスタンスから180の回転をつけながらデッキを蹴り上げます。

蹴り上げのタイミングのポイントとしては上半身をしっかり飛ぶ瞬間に開く事。

■飛ぶ方向に対してデッキが先行するイメージでヒールフリップをします。

■飛んでいる最中は頭を下げすぎないように気をつけましょう。

■180を回り切る前に板をキャッチして着地します。

初めのうちは回転が足りなく90°で着地してしまう場合はドライブを入れてメイク。

理想は正確に180°回り切る事ですが、最初は難しいので90°でノーズを起点にドライブするでもOK

ノーズを起点にきれいにドライブ&着地

F/S180 HeelFlipハウツー動画

体の開き方のポイントなんかもわかりやすいオススメです。

めちゃくちゃ高い!

スケボーQ&A B/S180 HeelFlip

Q.板や身体を上手く回す事ができません‥

A. 時間のかかるトリックであることを理解して、焦らずスケボーをするたびに毎回最低でも10回はチャレンジする!みたいに決めて気長に行いましょう。

最初の体の開きに気をつけてみてください。しっかり体をバックサイド側に開いていると自然にデッキも体も回転してくれます。

全てのトリックで言える事ですが少しずつ続けていく事で必ずできるようになります。

【How To F/S 180 HeelFlip】

次にフロントサイド見ていきましょう!

このトリックの難易度

7.0

このトリックを覚える前に

ヒールフリップ

F/S180

このトリックの前に他にも

■バリアルヒール

も覚えておくとフリップがしやすいと思います。

トリックのスタンス

ヒールリップとは若干スタンスが異なります。

F/S180 HeelFlip練習・習得方法

習得方法

■このトリックも例外なく止まった状態から練習を開始。最低限ヒールフリップはできるとします。

■止まった状態で90°まで板を回せる+ヒールができるレベルまで来たら、少しプッシュを入れて走りながらチャレンジ。

■正しいスタンスから180の回転をつけながらデッキを蹴り上げます。

蹴り上げのタイミングのポイントとしては上半身をしっかり飛ぶ瞬間に開く事。

■飛ぶ方向に対してデッキが先行するイメージでヒールフリップをします。

■飛んでいる最中は頭を下げすぎないように気をつけましょう。

■180を回り切る前に板をキャッチして着地します。

初めのうちは回転が足りなく90°で着地してしまう場合はドライブを入れてメイク。

理想は正確に180°回り切る事ですが、最初は難しいので90°でノーズを起点にドライブするでもOK

F/S180 HeelFlipハウツー動画

カツヤさんが初めてメイクする瞬間も見れてとても良いハウツー動画。

体の開き方のポイントなんかもわかりやすいオススメです。

グーフィーの方はこちらを参考に

めちゃくちゃ高い!シンプルでわかりやすいハウツー動画

スケボーQ&A F/S180 HeelFlip

Q.板や身体を上手く回す事ができません‥

A. 時間のかかるトリックであることを理解して、焦らずスケボーをするたびに毎回最低でも10回はチャレンジする!みたいに決めて気長に行いましょう。

全てのトリックで言える事ですが少しずつ続けていく事で必ずできるようになります。

まとめ

今回の記事では【バックサイド・フロントサイド180ヒールフリップ】について解説させていただきました。

このトリックは、はじめて取り組んだ日にすぐにできるようなトリックではありません。

時間もかかる難しいトリック。

その分できるようになると1ランク高いスケーターになれます。

この記事を参考に練習をしてメイクを目指しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました♪

タイトルとURLをコピーしました