スケボートリックスライド系トリック

【How To F/S Rip(Disaster) Slide】ハウツーフロントサイドリップスライドもう怖くない!簡単練習法

【How To F/S Rip(Disaster) Slide】ハウツーフロントサイドリップスライドもう怖くない!簡単練習法 ファイル名: lip.png

レール系のトリック基礎のボードスライドの後に覚える【リップスライド】

一度テールを180°の動きでまたいでデッキ裏の真ん中(お腹)の部分で滑るトリック。

レール・スライド系トリックの中で少し難易度の高いトリックです。

この記事ではそんな【フロントサイドリップスライド】別名ディザスタースライドを解説していきます。

この記事を書くのは

このトリックを覚える前に

レール・ボックスに乗り上げるためにオーリー+正確なF/S180+B/Sボードスライドが必要です。

まずこの3つは必ず必ずできるようになりましょう!

オーリー

F/S180

B/Sボードスライド

このトリックの難易度

少し難易度は高いので今の自分にチャレンジできるのかしっかり見極めていきましょう!

5.5

スライド中のスタンス

エントリーのスタンスはほとんど180°と同じ。

フロントサイドワンエイティーのスタンスでエントリー。

自分の場合は高さを出すためにF/S180より気持ち狭くスタンスを取っています。

セクションに合わせてスタンスを変えます。

怖がらずテールをしっかり弾きまたぐことを意識してみましょう。

F/S Lip Slide初期の練習方法

最初からレールではなく、BOXでリップスライドをかけて降りるを練習しましょう。

レールと違いテールこウィールが当たってしまうので、その部分にしっかりと「ワックス」を塗っておきます。

BOXでできるようになってから→レールでのリップスライドの順番だと恐怖心が少なくなります。

ボックスでのリップスライドは下の動画をチェック★

F/S Board Slideの習得のポイント

習得のポイント

■エントリー角度は少し角度をつけてあげたほうがスライドを流したり、またぎやすい点でオススメ

■エントリーの際には怖がらずしっかりテールを弾きましょう。

少し大きめな180°をして、レールをまたいだ後にしっかりデッキ裏のお腹のあたりでレールをとらえます。

■スタンスは広めがレールに乗った後に安定感が出ます。

まくられないようにスライド中は少し腰を落とします。

■スライド中は体を進行方向に開き、目線もなるべく前を。スライド中は安定感を出すために、スタンスは広くとります

■降りる際はしっかり腰をつかってノーズを進行方向に戻します

ここは「ボードスライド」と同じですね。

フロントサイドリップスライドハウツー動画

赤熊さんのハウツー。

やっぱりわかりやすい解説。20年以上前から最前線にいるスケーター。

とても参考になります!サムネイルの上半身の開き方に注目。

グーフィーの方はコチラをチェック!こちらも非常にわかりやすい動画です。

スケボーQ&A F/S Lip Slide

Q.レールをまたいだ後にデッキに乗れません‥まくられてしまいます‥

A.まずはBOXでできるようになるのがオススメ。

レールはまくられてやすかったり、足を踏みはずしやすいので低めのレールから少しずつ高さを上げていきましょう!

レールをまたぐ際、ボードスライド中(レール上)はスタンスや姿勢に気をつけてみてください。

前のめり、スタンスが後ろになりすぎているとデッキが裏返る原因に。

あとは降りる際にはクイックにデッキを通常のノーズが前の状態に戻すのを意識してください。

まとめ

今回の記事では【F/S Lip Slide】について解説させて頂きました。

ボードスライドもさまざまな応用の効く基礎トリック。

しっかり覚えて次に繋げていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました